腰部脊柱管狭窄症の治療方法とは?

腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道が狭くなる症状ですが、この症状により神経が圧迫され歩行障害や痺れ、排泄障害につながる恐れがある厄介な症状です。

そんな腰部脊柱管狭窄症は、中々厄介な症状でありながら誰にでも起こりうる症状の一つなのでチェックしておいて損はないでしょう。

今回は腰部脊柱管狭窄症になってしまった場合、どのような治療をするのかのお話です。

腰部脊柱管狭窄症の治療とは?

腰部脊柱管狭窄症による障害は様々なものがあり、程度も人によって違います。

ですから、一概にこの治療法をしているという断言はできないのですが、一般的には保存療法、手術療法で治療していくとされています。

腰部脊柱管狭窄症の保存療法

保存療法は手術療法以外の治療方法を指します。

腰部脊柱管狭窄症の場合だと、局部麻酔剤を用いる神経ブロック、鎮痛薬、血行促進を促す薬などを処方することが多いですね。

その他にもコルセットやストレッチ、リハビリなども保存療法で用いられる治療方法となります。

腰部脊柱管狭窄症の手術療法

日常生活が困難になるほどであれば手術療法になります。

手術は脊柱管を圧迫している骨、椎間板、靭帯などを取り除く手術になることが多いですね。

脊柱管を広げ、金属ボルトで骨を固定する手術もありますが、これらは神経を傷つけ麻痺や排泄障害などのリスクもありますから、腰部脊柱管狭窄症は悪化させないことが大切です。

腰部脊柱管狭窄症かなと思ったら早めの対策をしましょう

腰部脊柱管狭窄症は、軽度だと少し休んだら痛みが引き、また動けるようになるため放っておく人も多いですが、放っておくことで悪化することもあるので注意が必要です。

なので腰部脊柱管狭窄症かなと思ったら早めの対策が必須です。

腰部脊柱管狭窄症はまず病院へ行き、軽度なのか重度なのかを調べます。

そのうえで必要であれば、整骨院を頼ることもひとつの選択肢として見ておきましょう。

整骨院を頼る場合は、痛みの原因などにアプローチできるカウンセリングも手厚い整骨院を選ぶと間違いないですよ。

当院も、痛みの原因へアプローチする施術を目指しておりますので、福山市でお悩みの際はお気軽にご相談ください。