腰部脊柱管狭窄症の治療で行きたいのは病院?整骨院?

腰部脊柱管狭窄症は、神経の通り道が狭くなることで神経を圧迫する症状です。

神経を圧迫することで、歩行障害や痺れ、排泄障害など日常生活に支障をきたす症状が現れることがあります。

そんな腰部脊柱管狭窄症に“なったかもしれない”と感じた時に、行くべきなのは病院、整骨院どちらなのかというお話をします。

腰部脊柱管狭窄症が疑わしい時はまずは病院に行きましょう

腰部脊柱管狭窄症が疑わしい時はまず、病院に行くことをオススメします。

何故なら腰部脊柱管狭窄症であるかどうかはレントゲンやMRI検査で診断するので、病院でなければ腰部脊柱管狭窄症であるかどうかもわからないからです。

整骨院は治療院のひとつではありますが、医療行為であるレントゲンやMRI検査などはできませんので、診断してもらうためにはまず病院に行くようにしてください。

腰部脊柱管狭窄症と診断され、保存療法となったら整骨院も検討してみましょう

腰部脊柱管狭窄症は軽度なら保存療法となり手術ではなく、痛みを取り除く治療を行います。

ですが痛み止めを出されても、痛み止めが効いているときのみ痛みが引くという状態ではいつまでたっても薬を手放せない状態が続きますので、その場合は整骨院も検討してみましょう。

というのも、腰部脊柱管狭窄症には予防策として「正しい姿勢を心がける」というものがあります。

腰部脊柱管狭窄症に限らず、体の歪みによって引き起こされる症状はどれも日々の積み重ねによるものなので、なってしまった後も同じようなクセを直さずにいれば腰部脊柱管狭窄症も一向に改善しない可能性があるのです。

整骨院では丁寧なカウンセリングで、個人個人の日々の癖を見抜き改善ポイントをアドバイスすることもできますので、体の痛みに悩んだら相談してみるのも手です。

もし福山市でお悩みなら、当院が痛みの原因にアプローチする施術を採用しており丁寧なカウンセリングも行っていますので、お気軽にご相談ください。