腰部脊柱管狭窄症の原因とは?日常生活でできる予防法

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、加齢や疾患、労働などにより神経の通り道が狭くなることで神経を圧迫、歩行障害などが起こる症状です。

名前自体、聞きなれない症状だと感じる方も多いでしょうが誰にでも起こりうる症状のひとつでもあるので注意しておくことにこしたことはありませんよ。

今回はそんな腰部脊椎館狭窄症の原因と、日常生活で気を付けたいことのお話です。

腰部脊柱管狭窄症の原因と予防

腰部脊柱管狭窄症は、はじめにお話しした通り神経の通り道が狭くなり、神経を圧迫する症状を指します。

腰部脊柱管狭窄症の原因は加齢や疾患、労働などで起こりうるものですが、必ずしも加齢で起こるものではありません。

誰しもが起こりうるものですが、誰しもに起こる症状とは言えないのです。

では腰部脊柱管狭窄症が起こる人、起こらない人の違いは何かというと、それは姿勢と筋肉量がカギとなります。

例えば腰部脊柱管狭窄症の予防方法として

  1. 正しい姿勢を保つ
  2. 日ごろから運動をし、筋力をつける
  3. 骨粗しょう症にならないようバランスの良い食事を心がける

というものがありますが、逆に言えば姿勢が悪く筋肉量もない、栄養も取れていない生活を送れば送るほど腰部脊柱管狭窄症のリスクが高まるという事でもあるのです。

腰部脊柱管狭窄症にならないためには早めから予防を心がけましょう

腰部脊柱管狭窄症の予防方法3つを上でご紹介しましたが、この3つを守るならなるべく早い方が良いです。

予防方法を見てわかる通り、日ごろから姿勢・筋肉・食事に気を付けることこそが腰部脊柱管狭窄症の予防になるためです。

ただし姿勢については、日ごろから気をつけようとしても既に悪い姿勢がしみついていると中々取れないこともありますので、その場合は整骨院などで姿勢を正すお手伝いをしてもらいましょう。

特にカウンセリングが手厚いところだと、日ごろのどんな時の姿勢が悪いのかもしっかりみてもらえるので安心です。

福山市なら当院が手厚いカウンセリングでひとりひとりに合った施術を得意としていますので、お気軽にご相談ください。