腰痛に悩みやすい人の特徴は?

腰痛は日本人が最も抱えやすい痛みの症状ともいえますが、しかし腰痛に悩みやすい・なりやすい人にはある特徴があります。

今回はそんな腰痛になりやすい人の特徴のお話です。

腰痛に悩みやすい・なりやすい人の特徴

腰痛に悩みやすい・なりやすい人には以下の特徴があります。

  • 40歳以上
  • 過激なスポーツをしている(年齢関係なし)
  • 肥満体
  • 背が高い
  • 姿勢が悪い
  • 偏平足
  • 座り続ける仕事をしている
  • 寒い場所での業務が多い

全て当てはまる人が腰痛に悩みやすいわけではなくて、ひとつでも当てはまると腰痛に悩みやすいといえるので注意が必要です。

肥満体や姿勢の悪さ、偏平足、座り続ける仕事や寒い場所での業務は特に体への負担が大きく、体の中心でもある腰にも負荷がかかりやすいので腰痛を感じたら日常生活のどこに腰へ負担がかかりやすいシーンがあったかなど振り返りましょう。

腰痛に悩みたくないなら日常生活から気を付けてみよう

腰痛に悩みたくないと感じるなら、日常生活のちょっとしたことに気を付けていくようにしましょう。

腰痛は腰に負担がかかるからこそ発症するものなので、腰に負担をかけづらい日常生活を心がけるだけでも大きく違ってきます。

例えば正しい姿勢を保つ、腰に負担をかけないように長時間同じ姿勢をとらないといったことを守ってみてください。

また、腰痛対策に腰回りの筋肉を鍛えてみるのも有効です。

筋肉はナチュラルコルセットになりますから、腰痛を感じやすい人ほど腰の筋肉を無理なく鍛えてみると良いでしょう。

すでに腰痛を発症していたら整骨院に相談しよう

既に腰痛が発症してしまっている場合は、筋トレにより悪化することもありますから、整骨院などで腰痛の相談をしてどのようなトレーニングなら良いかなどもアドバイスをもらいましょう。

福山市なら当院がカウンセリングに力を入れている整骨院でもありますので、あなたの日常の癖をしっかりカウンセリングし的確なアドバイスも可能ですよ。

腰痛に対しても原因にアプローチする一野式筋肉骨調整法を採用していますので、体の痛みにお悩みなら一度ご相談ください。