腰痛があるけどスポーツしたい!できる種目を紹介します

「腰痛があるけどスポーツしたい!」

特にトレーニングに励んでいる人、筋トレが習慣になっている人、筋肉を育てる趣味がある人に多いこの悩みですが、腰痛がある場合そもそも動いて良いのでしょうか?

実は腰痛、安静にと言われていない限りは無理のない範囲で動いていた方がむしろ良いのです。

とはいえ、どの程度まで動いて良いのかわかりづらいので、今回は慢性腰痛持ちの人でもできるスポーツについてお話しします。

慢性腰痛でもできるスポーツならこれ!

腰痛持ちの場合、低強度の負荷量だと言われているスポーツがオススメです。

例えば水泳、ウォーキング、サイクリングなどですね。

特に体への負荷がかかりづらい水泳がオススメです。

不可をかけすぎなければテニスや柔道、エアロビクス、ランニングなども様子を見ながらできます。

腰痛予防・改善にオススメの筋トレ

水泳やウォーキング、サイクリングですと有酸素運動なので筋トレを目的としたスポーツをしたい人にとっては物足りないですよね。

なので慢性腰痛でもできる筋トレについてもお話します。

腰痛持ちで筋トレをしたい場合は、腰に負担がかからず更に腰痛予防にもなる体幹を鍛える筋トレから始め、腰痛になりづらい体にしてから本格的な筋トレを始めます。

腰痛になりづらい体のためにまずは体幹を鍛えましょう。

リラックスして行う体幹筋トレ

  1. 仰向けに寝転がり、両膝をまげて足裏を床につけリラックスする
  2. ゆっくり息を吐き出しながらお尻を締めへそを意識しながら持ち上げていく
  3. ゆっくり息を吸いながら元の姿勢に戻る
  4. 1~3を1セットとし10セット、2~3セット行う

スクワット

  1. 足を軽く開いて胸を張って立つ この時肩は耳の下にある状態にする
  2. そのままお尻を後ろに引くようにして膝が90度の位置になるまで腰を落とす
  3. ゆっくりと元の姿勢に戻る
  4. 1~3を10回で1セット、3セットを目指しましょう

スクワットは「リラックスして行う体幹筋トレ」である程度体幹強化できた後に頑張ってみてください。

スクワットをする場合は姿勢に注意して行います。

呼吸を忘れずに、あまり運動をしない方は腰を落とすときに息を吸って戻すときに吐くやり方で、慣れている方は逆の呼吸方法がオススメです。

腰に痛みなどがある場合は中止してください。

慢性腰痛の詳しい改善方法を知りたい場合は整骨院がオススメです

慢性腰痛の個人に合った改善方法を知りたい場合は整骨院がオススメです。

特にカウンセリングにも力を入れているところですと、あなたの普段の生活の癖から腰痛の原因を特定していけるので、どのようなスポーツなら平気かも詳しく教えてもらえますよ。

当院もカウンセリングに力を入れていますので、福山市で腰痛でもできるスポーツや日常生活で改善できる部分はどこか悩んでいましたら一度ご相談ください。