整体のコロナ対策でマスクとフェイスシールド、どちらが有効?

新型コロナ対策として、マスクを義務化しているところもありますが昨今ではフェイスシールドもコロナ対策で人気があります。

フェイスシールドをしている店員さんも多く見かけるようになりましたね。

さてこのコロナ対策、マスクとフェイスシールドならどちらが良いのでしょうか?

今回はどちらがより有用性が高いのか、というお話をします。

新型コロナ対策でマスクやフェイスシールドを装着する理由

新型コロナ対策でマスクやフェイスシールドを装着する理由は「飛沫感染で感染拡大させないため」に他なりません。

かからないための対策ではなく、自分から感染させないための対策なんですね。

もし新型コロナにかかっていなくても、かかったつもりで行動することで感染拡大は防げます。

なのでマスクやフェイスシールドを装着する時に注目したい点は、唾などが飛ばないか、なんですね。

ですので、マスクやフェイスシールドを装着する際は、唾が飛ばないかを見ておきましょう。

フェイスシールドは下へ唾が落ちることもあるので注意

フェイスシールドは前に対しての飛沫防止効果はあるのですが、下へは無防備であることが多いです。

ですので、整体や整骨院の施術者が下ががら空きのフェイスシールドを装着して施術すると、飛沫が施術台にいる患者へかかってしまう可能性があります。

このことをふまえると、整体や整骨院のコロナ対策として有効なのは全方向に飛沫防止できるマスクが有能だと言えますね。

ただフェイスシールドも下もガードできるものもありますから、ガードできるものであればフェイスシールドでも問題ないでしょう。

使い捨てマスクと洗えるマスク、どちらが最適?

上でお話しした通り、マスクやフェイスシールドは飛沫感染防止のために装着したい対策グッズです。

ですので、使い捨てマスクと洗えるマスク、唾が飛ばないのであればどちらでも問題ないと言えるでしょう。

ただ洗えるマスクについては、しっかりと洗っていることも大切なので装着したら洗う、を心がけたいですね。

当院ではマスク着用を徹底しておりますので、福山市で身体の痛みなどのお悩みがあればお気軽にご相談ください。