整体のコロナウイルス対策、正しいのはアルコール?手洗い?

コロナウイルス対策を徹底している整体や整骨院も多いですが、そのどの院も同じ対策を取っているわけではありません。

中にはアルコール消毒だったり手洗いだったりで対策を取っています。

ではコロナウイルス対策として正しいのはアルコール消毒なのか、または手洗いなのか、今回はアルコール消毒と手洗いの有用性についてのお話をします。

コロナウイルス対策としてアルコール消毒・手洗いどちらも有用

厚生労働省の新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について解説してあるページを見てみると、コロナウイルスの消毒・除菌方法として水や石鹸による洗浄とアルコール消毒液による対策が推奨されています。

このことから、新型コロナウイルスには手洗いとアルコール消毒液によるウイルスの不活化ができるということになるので、もし整体や整骨院でのコロナ対策でこのいずれかが使われていた場合は、しっかりとコロナウイルスについて考えられている院と考えても問題ないでしょう。

つまり、コロナウイルス対策としてアルコール消毒、手洗いはどちらも正解ということですね。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液と次亜塩素酸水の消毒は?

次亜塩素酸ナトリウム水溶液(塩素系漂白剤)や次亜塩素酸水での消毒を推奨している場合は注意が必要です。

というのも、次亜塩素酸ナトリウム水溶液と次亜塩素酸水は物への消毒としては有効ですが、手指の消毒としては推奨しないまたは未評価とされているからです。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液はそもそもハイターなど強い漂白剤を薄めたものですから、手指の消毒として不向きであることは明白です。

次に次亜塩素酸水は手指の荒れリスクは少ないものの、未だ厚生労働省のページでも未評価であることから、モノへの消毒液として有用であっても手指の消毒にはアルコールや手洗いで対応した方が良いと言えるでしょう。

手洗いの後に消毒する必要はある?ない?

厚生労働省のページによれば、手や指についてウイルス対策として、流水に15秒さらす手洗いだけでウイルスの数を100分の1に減らせるとされています。

更にもみ洗い、流水で15秒すすぐだけで1万分の1に減るとされていますので、手洗いの後にアルコール消毒をする必要はありません。

むしろ手洗いとアルコール消毒ができる環境であれば、手洗いの方がウイルスを洗い流せるとして有効だと覚えておきましょう。

ただ、手洗いがすぐにできない場合はアルコール消毒でも勿論構いませんし、誰でも簡単にという点ではアルコール消毒の方が優秀ではあるでしょう。

当院でも消毒を徹底しておりますので、安心してご来院ください。