寒暖差の激しいこの季節、腰痛や膝痛に繋がりやすい気象病に用心しましょう

寒暖差の激しいこの季節、天気の移り変わりもとても厳しいものとなっています。

朝は晴れていたのに昼は土砂降りなんてこともよくありますよね。

そんな寒暖差の激しい季節は気象や天気の変化で身体に不調をきたしがちです。

今回はそんな寒暖差の激しい季節にありがちな気象や天気による不調「気象病」のお話です。

気象病とは?

気象病とは気象や天気の移り変わりが原因による身体の不調の総称です。

症状としては以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 疲れやすい
  • 関節が痛い
  • 腰痛
  • 気分が落ち込みやすくなる
  • 吐き気
  • 喘息
  • 手足のしびれ
  • 古い傷(治ったものも)が痛む

季節の変わり目でなくても気象病は起こりうるものですが、季節の変わり目は気象・天気の移り変わりが激しいことから、特に季節の変わり目には発症しやすい症状としても知られています。

気象病の原因は自律神経?

気象病の原因は自律神経の乱れだとも言われています。

例えば気象や天気が不安定だと、気圧や気温、湿度も大きく変化し不安定となります。

特に自律神経は大きな変化で乱れてしまうので、気象病にあげられる症状に深く関わっているとされていますね。

その他にも気圧が低下すると頭痛や慢性痛の痛みが増えるという検討結果(参考:気圧や気温の変化が痛みに与える影響について)もありますから、気象や天気が不安定になる季節の移り変わり、寒暖差が激しい時期は特に注意した方が良いと言えます。

気象病は身体のリズムを整えることで予防する

気象病は気象や天気の不安定さが招くものなので、100%対策することは残念ながらできません。

しかし心がけによっては軽度にすることは可能なので、気象病になりやすい季節は身体のリズムを十分整えられるように意識して生活してみましょう。

例えば

  • 規則正しい生活を送る
  • リラックスタイムを設ける
  • バランスのいい食事
  • 適度な運動

といった、身体の調子を引き出す生活習慣を整えていくなどですね。

ただ腰痛や膝痛、関節痛などの痛みがある場合は整骨院などでみてもらうのも手です。

特にカウンセリングに手厚い整骨院なら痛みの原因が気象病なのか、日々の生活の癖によるものなのかの特定も頑張ってくれるのでオススメです。

福山市なら当院がカウンセリングに力を入れている整骨院なので、お気軽にご相談ください。