寒暖差の激しいこの季節、冷えが原因で関節痛(膝痛)が発症する理由

寒暖差の激しいこの季節、冷え込むたびに膝痛などの関節痛の症状に悩んでいる方も少なくありません。

昼は暖かくて平気なのに、朝や夜冷え込む時間に痛み出すと憂鬱な気持ちにもなりますよね。

今回はそんな寒暖差の激しい季節、冷え込んだ際に何故関節痛(膝痛)の症状が出るか、のお話をします。

冷えが血流不足を引き起こし、関節痛(膝痛)に繋がる

冷えると痛む、というのは周知された症状のひとつではありますが、どうして冷えることで痛むのか、理由まで知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

パッと考えてみても、冷えと痛みが何故関りあるのかわかりづらいのですが、実際は深いかかわりがあるので知っておいて損はありません。

実は体が冷えると私たちの体内では、熱が逃げないように血管が収縮するといった働きが起こります。

一時的ならば問題ないのですが、これが長く続くと体温が低下してしまい血流が不足する事態にまで陥ってしまうのです。

血流が不足すると、筋肉は緊張しこりや関節痛(膝痛)に繋がるリスクが高まります。

つまり、体が冷える、筋肉が緊張する、関節痛(膝痛)になる、といった順番で痛みが発症しやすくなるということですね。

冷やさないだけでも関節痛(膝痛)リスクを減らせる

冷やさないだけでも関節痛(膝痛)リスクを減らせます。

ただ寒暖差の激しい季節は何を着たら良いか毎日悩むほど温度差があるため、急な冷え込みに晒されるシーンも少なくないのですよね。

そういった時にそなえ、ショールなどを持っておくと安心です。

またはヒートテックなどを鞄に忍ばせておき、寒いなと感じたらトイレなどで中に着るなどして冷やさないよう調整してみてください。

乾燥肌の場合はヒートテックだと乾燥し逆効果になる場合もあるので、コットン生地のインナーなどもオススメです。

関節痛(膝痛)に悩んでいるなら整骨院もオススメです

関節痛(膝痛)に悩んでいるなら整骨院もオススメです。

冷えによる関節痛(膝痛)なら温めると緩和できる可能性もありますが、日常の癖で体のバランスが歪み、膝などに負担をかけ痛んでいるケースもあります。

そういった場合は、癖自体を直さないと痛みが再発する可能性もありますので、どのような癖が痛みに繋がっているのかみてもらうと安心です。

当院もカウンセリングに力を入れており、日常のどんな癖が痛みに繋がっているかひとりひとりをしっかりみながらアドバイスさせていただいておりますので、一度お気軽にご相談ください。