交通事故治療は湿布を貼ってるだけでOK?病院に行くべき線引きとは

交通事故が起こってしまったとき、まず考えるのが相手と自分の健康状態です。

体の調子はどうなのか、悪いところはないのか、警察が来てから一緒に状態を確かめるかと思いますが、お互い異常がないと判断された時ひとまず家に帰る方が多いのではないでしょうか。

しかし翌日などに痛みが現れた時、どうするべきなのか……今回、交通事故治療は湿布を貼るだけで良いのか、病院には行くべきなのかというお話を致します。

交通事故が起きたら病院に行って検査をしてもらうのがベストな方法です

どんな小さな交通事故だとしても、体へ突拍子もなく衝撃が与えられるとその時は異常が見られなくてもダメージがかかっているおそれがあります。

しかし交通事故が起こった時、起こした方・起こされた方共に突然のことで驚き興奮状態に陥っていると言え、体の異常に気づけないこともあるんですよね。

ですから交通事故により体に異常がないかハッキリさせるためにも起きたその日に病院に行くのがベストです。

様子見をした場合も体への異常を感じたらすぐに病院へかかりましょう。

湿布での様子見はOK?

交通事故が起きた時、異常が見られるのであれば湿布を貼るのも良いですが、まずは病院で検査しましょう。

万が一内臓にダメージがあった場合、手遅れにならないようにするには検査が一番です。

湿布で問題ない場合は、冷湿布と温湿布、どちらかで迷うかと思いますが、貼ってみて気持ちが良いと感じる方を選んでください。

冷湿布を貼って首がこるようなら温湿布など使い分けましょう。

なるべく早く痛みとさよならしたい場合は整骨院もオススメです

病院で検査して特に重大な異常がなく痛み止めをもらって終わり、という場合は湿布で様子見もアリですが、もっと早く的確な施術を受けたいと考えている場合は整骨院もオススメです。

特にカウンセリングにも力を入れている整骨院であれば、事故の状況やその後の痛みの出方などから痛みの原因はどこにあるのか特定し、ひとりひとりにあった施術をしてもらえますよ。

福山市なら当院がカウンセリングと痛みの根本的原因にアプローチする施術に重きを置いていますので、お気軽にご相談ください。