交通事故治療で欠かせない自動車損害賠償責任保険とは?

交通事故は突然起こるものなので、人によっては治療面でお金がかかりすぎてしまうこともあります。

そんな時に頼りになるのが保険です。

自動車損害賠償責任保険は全ての自動車、バイクに加入義務があるものなので、事故が起こっても最低限はカバーしてもらえるのですが、実際にこの保険を良く知る人は少ないのではないでしょうか。

今回は万が一のために治療で生活が困るということがないように、自動車損害賠償責任保険について見ていきましょう。

自動車損害賠償責任保険は被害者救済のための保険

自動車損害賠償責任保険はいわゆる、自賠責保険と呼ばれているものです。

交通事故の被害者が最低限の保障を受けるための保険なので、全てをカバーしてくれるわけではありませんが、万が一の時に加害者・被害者側共に助かる保険でもあります。

被害者が直接請求もできます

被害者側が直接請求もできる保険なので、本来なら加害者が請求を行いますが、被害者も自賠責保険に連絡し請求が可能です。

加害者側のアクションを待っても中々進まない場合は自分から請求するのも手ですよ。

自賠責保険は病院に直接治療費を払ってもらえます

例えば相手の保険会社が支払いに応じてくれない場合もありますが、自賠責保険なら強制加入保険でなおかつ被害者が請求できる保険ですので、請求した時にそのまま直接病院に支払ってもらうことも可能です。

書類などの手続きもありますが、難しい場合は弁護士に任せてしまうのも手ですよ。

また、治療が終わった後に請求する場合は領収書を保管しておく必要がありますので、この点は注意しましょう。

なるべく早い回復を目指すなら病院と整骨院、両方の通院がオススメ

交通事故にあったとき、考えたいのがお金のこともそうですが、これからの生活のことも大切です。

なるべく早く日常生活に戻りたい人も多いと思いますので、交通事故にあった際は病院で診断してもらったあと、重大な損傷がない限りは整骨院にも併用して通うことをオススメします。

病院では薬しか出してもらえないことも多いですが、整骨院なら痛みの原因をカウンセリングなどで特定し、場合によっては原因へアプローチを目指せる施術を受けられます。

福山市なら当院が原因へアプローチする施術を採用していますので、お気軽にご相談ください。