交通事故のむちうちで後遺障害等級認定?通院治療が大切な理由

交通事故のむちうちで、後遺障害等級認定を受けられる場合があります。

後遺障害等級認定を受ければ、損害賠償金の金額が大きく上がりますが、しかし後遺障害等級認定を受けるためには症状固定の診断を受ける必要があります。

今回は交通事故において通院治療がいかに大切かのお話です。

交通事故のむちうちは通院治療で症状固定が大切

交通事故のむちうちは、病院と整骨院に併用して通うなどで全く問題なく過ごせるようになる方もいるのですが、中にはいつまでも症状が取れないことも……。

そんな場合は、通院治療の過程で症状固定などの診断を受けると後遺障害等級認定を受けられる場合があります。

上で書いた通り、後遺障害等級認定を受けると損害賠償金の額が大きく上がるので、痛みが辛い人ほど受けておきたい認定ですね。

認定を受けるためには、口頭で「後遺症があります」と言っても受けられないので、必ず通院治療で症状固定と診断してもらう必要があります。

症状固定とは?

症状固定は、治療を継続した時に症状改善が見込めない状態を指します。

そのため、数日たって痛みが引いた場合は症状固定の診断は出ません。

とはいえ症状が良くなるかそのまま続くかは誰にもわかりませんから、「交通事故でむちうちになったけど、治療せず放置しても平気だろう」と放っておかずに、症状が引くまでは通院治療をオススメします。

むしろ放っておいてしまうと、あとあと体に違和感があった時に「なぜ痛いのか」「どういった原因があるのか」を特定しづらくなってしまいますので、後遺障害等級認定を受ける受けないにかかわらず治療通院は頑張りましょう

病院と併用して整骨院に通うのもオススメです

病院へ治療通院することも大切ですが、なるべく早めに治療を終わらせたいと感じているなら整骨院に通うのも手です。

併用して通うことになるため手間は増えますが、痛みの緩和だけではなく何故痛いのか、どこが原因なのかに焦点を置いた施術を受けられる可能性があります。

ただどの整骨院でもいいわけではなく、カウンセリングに手厚い整骨院でないと原因特定も難しくなりますので、しっかりとした施術を受けるためにもカウンセリングが手厚く根本的原因解決を目指せる整骨院を選んでくださいね。

福山市なら当院が根本的原因解決を目指す施術を採用しておりますので、お気軽にご相談ください。