スポーツが原因の腰痛!放置がダメな理由 福山市でお悩みならきのしょう鍼灸整骨院にお任せ

スポーツをしていると、身体の中心部である腰は頻繁に負荷がかかる箇所であるとわかります。

そんな腰を使うスポーツ、過剰な負荷がかかることでスポーツ腰痛の原因と言われている筋・筋膜製腰痛症を発症してしまうことがあります。

筋肉痛でも腰の痛みを感じることがあるので放置してしまう人もいるのですが、場合によっては放置しては困る症状でもあるので、今回はそんなスポーツ腰痛と言われている症状についてのお話です。

スポーツ腰痛は放置していい?ダメ?

スポーツで腰痛を感じた時に、筋肉由来の腰痛、いわゆる筋肉痛であればある程度の運動を続けても問題ない場合も多いのですが、脊椎分離症のように疲労骨折した際の腰痛であれば、骨折した部分が正常にくっつかずに治療が長引く恐れがあります。

ですので、スポーツが原因の腰痛で少しおかしいなと感じるのであればすぐにでも整形外科を受診しましょう。

スポーツ腰痛の最適な治療はなに?

スポーツ腰痛を発症したとき、まずは整形外科を受診し痛みの原因の特定を目指しますが、治療やリハビリなどは症状に合ったものを選び行います。

病院では痛み止めを貰えますが、痛み止めではその場限りの対処になってしまうことが多いので、しっかり治していくためにも合う治療法・リハビリを選びましょう。

整骨院で痛みの原因にアプローチするのもオススメです

整骨院は病院と違って医療行為はできませんが、熟練の技術で痛みの原因を特定、解決を目指せます。

例えば当院であれば痛みの原因をしっかりカウンセリングで特定したのちに計画をたて、痛みの原因にアプローチする一野式筋肉骨調整法という手技を用いて解決を目指していきます。

整骨院によって得意な施術が変わるため、しっかり選んで通う必要がありますが、整骨院のサイトや口コミ・カウンセリングの有無などをチェックすると痛みの原因にアプローチできる院かわかるので確認してみると良いでしょう。

福山市でお悩みであれば一度当院にご相談ください。