坐骨神経痛を接骨院で治療

坐骨神経痛を接骨院で治療

「運動をしようとしても腰が痛くて立っていられない」。この記事を見ている方の中にもそういった方は多いのではないでしょうか。腰は体のバランスを支え、負荷も大きい部分なのでヘルニアになってしまうと私生活にも影響がでてしまいます。

さらに、治したいからと病院に行くと手術を勧められる可能性があります。しかし、仕事があって手術のために長期間休むことができない人も多いと思います。

そんな時間が取れない人におすすめなのが接骨院です。ほとんどの接骨院ではヘルニアの治療を実施しています。特に福山市には多くの接骨院があるので、福山市内や周辺に住んでいる方は移動時間を取らずに通うことができます。

今回は「ヘルニアになる理由」と気軽に行ける接骨院では「どのような治療法があるのか」を紹介していきます。

ヘルニアになる理由

一般的に多くのかかるヘルニアは腰椎ヘルニアというものです。

腰椎ヘルニアとはクッションの役割を果たす椎間板の中にある、ゼリー状の髄核がはみ出し神経を圧迫することで痛みが発生します。

髄核がはみ出してしまう原因としてよくあるのが、長時間のデスクワーク、喫煙、悪い姿勢での動作が挙げられます。

つまり、ヘルニアは日々の生活で腰に負担がかかってしまい起こります。

 接骨院での治療法:一野式筋肉骨調整法

 接骨院でのヘルニアの治療法としてよくマッサージと電気治療はよく知られているので、今回は福山市の接骨院でも導入しているところが多い「一野式筋肉骨調整法」を紹介していきます。

一野式筋肉骨調整法とはハンマーと当て木を使って、骨格の歪んだ部分を叩き、歪みを治す治療法です。

一野式筋肉骨調整法ではヘルニアになりやすい体を作ってしまう一番の問題点である「股関節の固さ」から改善していきます。

股関節が固いと筋肉が緊張してしまい、骨盤や腰椎に影響を与えてしまいます。そのため、一野式筋肉骨調整法で足から腰までの全てにアプローチをかけて、骨格の歪みを改善します。

このように、一野式筋肉骨調整法では多角的に治療していくことによって、ヘルニアの根本的な改善が可能になっています。

 ヘルニアでお困りの方はぜひ接骨院をご利用ください

接骨院では病院ではできない治療法を受けることができます。さらに、全国的に増えているので通いやすくなっています。

なかなか忙しくて病院に行けないという方でも、接骨院では混むことがないので素早く治療を受けることができます。

そのため、ヘルニアをそのままにするのではなく、一度接骨院に行ってみることをおすすめします。